指の痛みを堪えつつ…アラトリステ!

    2008.12.27 Saturday| 23:58 |
某SNSの日記でも書いたんですが、右手中指の爪にヒビを入れちゃいまして。 撃沈
現在、爪の付け根から1cmまでいかないくらい、指の皮膚と爪とが分離する数ミリ手前のあたり横方向にヒビが入っている状態。
欠けて生爪を剥がしたとまでにはならなかったのは不幸中の幸いなんですが、爪の先端部分に何かが触れるとヒビの入った箇所から上の部分の爪が持ち上がる=かるーく生爪剥がしが頻繁に起きることになります。
やっちゃった当初は「イタっ!」「いでっ!」といちいち大騒ぎしていたのですが、絆創膏で保護しときゃいいんだと気づき(←遅すぎ)、現在は落ち着いております。
ヒビが入ったことで動く爪を押さえこんでおけば痛みはほとんど無いのですが、キーを叩く際に微妙に感覚がずれるらしくスピードは出ないしミスタッチは出まくるし…。
そんなこんなで書かなきゃいけない文章やメール、書きたい記事が思うに任せず困っております。
年内にどれだけこなせるかと思うと、うー。結構しんどいものがあるなあ。と云うか、年明けに首が回らなくなりそうだなあ。

とは申しても、こうやって文章が綴れる程度ではありますので、ご心配無く。
ただ、いつも通りのタイピングとペースでキーが打てないと云う点でストレスが溜まってしまっているのです。
そもそもなんでそんなことになったかと云うと、原因は不明。気が付いたらヒビ入ってたのー。
わたくし、気が短いこともあってキータッチが異常に強いんですね。で、爪はいつも長めに伸ばしているしマニキュアを塗ったり落としたりも頻繁なので、それで爪に負担を掛けたかなあ…と反省中。


とまあ、そんなこんなで今更クリスマスの話ではサンタに笑われそうですが、クリスマスイブの24日、レディースディを当て込んで「アラトリステ」を観てきました。
試写会を入れると、三回目のスクリーンでの鑑賞です。
試写会が当たる前のこと、「この映画は一回くらい観ればいいかな〜」なんて思っていたんです。実は。
歴史劇である以上は群像劇だろうし、「イースタン・プロミス」みたいにヴィゴ一人がやたらめったらクローズアップされる映画とも違うだろうと予測していたもので。
映画自体の感想は先日書いた通りなので繰り返しませんが、繰り返し見るか否かの点で、予想外のことがありました。

その1.髭ヴィゴ
多分、「アラトリステ」がまだ撮影中だった頃だと思うのですが、カンヌ映画祭に「ヒストリー・オブ・バイオレンス」が出品され、クローネンバーグ監督とヴィゴら出演者が揃って出席したということがありました。
その時の画像のヴィゴが…個人的にはあまり好みで無い容貌だったのです。
要するに、アラトリステ仕様の髪と髭です。薄い茶色の巻き毛っていうのもヴィゴにはあまり似合わないように思ったし、何よりもあのスーパーマリオみたいな髭がねえ…。
もともと髭はあんまり得意じゃなくて、ヴィゴのファンになって初めて「髭も素敵かも…」って思うようになったような次第なのです。
アラゴルンのような無精髭はもう全然OKですが、あの存在感あり過ぎの髭はちょっと許容外。
時代や国柄を考えれば髭はあって然るべきなのは重々承知ですが、それでも好みは好み。ヴィゴなら何でもいい訳ではないぞ!などと、(愚かしくも)思っていたのでした。
「アラトリステ」の公開が決定し試写会が近づくにつれアラトリステ=ヴィゴの画像を見る機会が増え、服装や装備と合わせると髭もそれなりにバランスが良いのね。なーんて、まだ(愚かしくも)思っていたのでした。
でもって、実際に映画を観たわたくし。驚きました。あんなに苦手意識があったマリオ髭が、ちっとも変じゃない。格好良い、むしろ素敵。
試写会後、一般公開された「アラトリステ」を観にいった時には既に、ディエゴ・アラトリステとしてのヴィゴにはあれは絶対に必要!に思えてきちゃったんだから、不思議だよねえ。
あの髭のお陰でむしろ色っぽい。むしろ萌え。

その2.汚れヴィゴ
戦場や戦いの場面が多いし、現代とは衛生観念も全く違う時代性と云うのもあるしで、泥だらけ埃まみれ血塗れなのは事前に判ってました。
でもアラゴルンの前例もあるし、きっとその状況化でもヴィゴは素敵に違い無い!と確信を抱いてはいたのですが。
ところが実際に観たアラトリステってば、予想以上にきちゃない。衣服も靴も画面から臭いが漂ってきそうなほどに垢染みて襤褸っちいし、戦場では汚れるなんて云う表現も愚かなほどに血と汚泥にまみれている。それなのに、嗚呼それなのに。
予想の遥か上空を滑空する、格好良さ色っぽさ美しさは一体なんなんでしょう。
ヴィゴ・モーテンセン、汚れれば汚れるほどフェロモンだだ漏れになる稀有な存在であることを、あらためて確信いたしました。
いや、もちろん、綺麗にしとけばしとくで、とことん美しいんだけどさ。EPのニコライとか、試写会ん時のスタイリッシュなスーツ姿とか。

まあ何を言いたいかと云うと、要するに、想像していた以上にカピタン、ディエゴ・アラトリステが素敵だったと云う事です。
横浜ららぽーとのTOHOシネマズでは、お正月期間も「アラトリステ」上映中。
もう18時からの一日一回だけになっちゃいましたが、全席テーブル付きで座席も上質なプレミアスクリーンでの上映なので、お得(?)ですよん。
年末忙しくて観に行ってない!と云う方、是非横浜へどうぞ。ららぽーとではセールも始まりますので、昼間はお買い物、夜はプレミアスクリーンで「アラトリステ」をどうぞ!
…ますます、TOHOシネマズの宣伝っぽくなってきたな(汗)。



プレミアスクリーンは他のスクリーンとは階が違い、専用のラウンジがあったりでちょっぴりセレブな気分が楽しめます。
上の画像は座席表。ちょっと判りにくいかもですが、全席にサイドテーブルが付いております。座席はリクライニング式でゆったりしてるし、荷物置き場もあり。
一番後方の席は二人掛けソファみたいなカップルシートになってます。

ちなみに私がクリスマスイブの昼間に観た際は、観客が7割近く入ってました。
レディースディ効果かクリスマスイブ効果か、はたまたプレミアスクリーンで観られることのお得感なのか。果たして?

コメント
>mizeaさん


   >アラトリステ以外のときでも〜

そうでしたか!奇遇ですねえ。もしかしたら、隣や前後の席で映画を観てたりして…(笑)。
登録方法、ご助言ありがとうございますー。今度、直接スタッフに聞いてみることにしますね。

ブログ、拝見いたしました!!
いやあ〜、実にすばらしい体験をなさったんですね。じっくり読ませていただきたいと思います。
 はい、アラトリステ以外のときでもすれ違っているかもしれませんね。
 ポイントカードの登録方法の説明については自信が無いので、スタッフの方に聞いてみるのがいいかもしれないですー。

>mizeaさんもアラトリステ試写会にいらっしゃたんですか?
 いいえ、残念ながら試写会には入れなかったのです。
自分のブログの宣伝のようになってしまい申し訳ないのですが、こちらを時間のあるときにでもざっとご覧ください。長いのです。
http://mizea.livejournal.com/
  • mizea
  • 2009/01/18 8:49 PM
>mizeaさん

はじめまして、こんばんは!コメント書き込み、ありがとうございます。

おお、mizeaさんも横浜ららぽーとでご覧になりましたか?!それならもしかしたら、どこかですれ違っていたかもしれませんね。
横浜ららぽーとはスクリーン数が多いためか、他のシネコンで上映しない作品を取り扱ってくれる例がこれまでにもあったんですが、「アラトリステ」上映は正直思ってもみなかったので非常に嬉しかったです。
プレミアスクリーンは座席も良いですしねえvありがたや。

   >それぞれのポイントカードに登録〜

えっ!そうなんですか?
初めてネット予約した時、109系と同じように考えて二人分入力したらポイント一回分を損しちゃったことがあって、ダメなんだと思いこんでました。
カードを二枚続けて入れる…そうか、そうだったんだ。私の確認不足だったのね(がっくり)

教えていただいて感謝です。次にネット予約する際に試してみます。

mizeaさんもアラトリステ試写会にいらっしゃたんですか?
本当に、あの日のヴィゴは素敵に綺麗でしたよね。何度もヴィゴに会ってらっしゃる方(なんて羨ましい!)方もそうおっしゃったと云うことなら、初ヴィゴが先日の試写会だった私は結構幸せ者だったということでしょうか?

髭と汚れがヴィゴをより色っぽくみせる説にご同意いただき、ありがとうございます(笑)。
またお時間があったら、こちらのブログに遊びにいらしてくださいませ。
 
 こんにちは。はじめまして。 mizeaと申します。
私も12月中に、横浜ららぽーとのTOHOシネマズでアラトリステを見てきました。 ほんとにっ、大画面だしいろいろ設備も他の映画館よりいいし、「アラトリステ」がいい扱いをしてもらって、単純にうれしかったです。

 それと、「先行上映、座席ゲット!」のところに
× ネット予約が若干不便。ネット予約した場合、一名分しかポイントが付かない(ケチ)。
 と書いてらっしゃるけれど、えーと、ポイント登録画面でカード2枚を続けて入れればいいのではないかしらと思います。 いつも夫と二人でネット予約して見に行くときは、それぞれのポイントカードに登録できていますけれど。?


 来日時のヴィゴさんはとても素敵でよかったですね。何度もヴィゴ本人に会っているmisaさんが、今回が一番きれいとおっしゃてました。 でも!
>あの髭のお陰でむしろ色っぽい。むしろ萌え。
>汚れれば汚れるほどフェロモンだだ漏れ
 確かに、そうでございますね!
  • mizea
  • 2009/01/17 1:30 PM
>まさきさん

お見舞いの言葉、ありがとですー。

でもでも、まさきさんもやっちゃったのね。親指っつーのがまた厄介な場所だねえ。
何をどうしたってアタる場所だから、鬱陶しいよね。字!絵!問題じゃないか!!〜くれぐれもお大事に。

年賀状…そうか、世の中にはそう云うものが存在したねえ(遠い目)。←仕事関係の年賀状すら今日書いたヤツ。

こちらこそ、お世話になりました!まさきさんのお陰で、本当に充実した一年になりましたよ。
来年もお互い忙しくなりそうだけど、頑張りませう。年が明けたらナグホモードだぜい!
指、おだいじにー。

つか奇遇ですね!わたしも一昨日、右の親指をCUTしてしまいました…。字も絵も描きにくいなか年賀状やらなきゃ…という事態になったのは、ひとえに自分の準備が遅いせい…。

今年もお世話になり、ありがとうございました!
怪我を治されて、よいお年をお迎えください!

  • まさき
  • 2008/12/30 2:44 PM
>rinzuさん

そうなんですよ〜。もうね、18時からの一回こっきりの上映なの。
でも、「上映してくれるだけありがたい」、上映してくれるだけありがたい」と、念仏のように唱えております。
とは言え、今年はもう観に行っている時間がなさそうで…うー、うー、もう一回くらい観ておきたいよお。ポイントも溜まってるんだけどなあ。

こちらこそrinzuさんには本当に本当にお世話になりました。
感謝の言葉をどう綴っていいか判らないくらいにお世話になりっぱなしで…。いつも言葉足らずで申し訳ない。

そう、rinzuさんとはブログを始めた時期もほぼ同じで、なんと誕生日も一緒と云う、実に奇縁な仲なんですよね。
来年以降も何とぞよろしくお願いいたします!
>さくらさん

皆さんにご心配をお掛けしつつ、日々こうやってキーボードを打っている私。ゴ、ゴメンなさい…。
でもだいぶ良くなりましたので。24時間絆創膏体制からは解放され、手先を使う仕事の時とかお風呂の時以外は素指(?)で過ごしてます。
  
     >明日届く〜

うわーん!ありがとうございますー!!
「スティールブルーの夢」は皆様のご厚意と応援で運営されております。本当に感謝です。

「FLIX」は買ってよかった!
ヴィゴの記事も写真も良かっただけでなく、「慰めの報酬」でのダニエルの記事がこれまた良かった。お買い得でした。
明日はさくらさんも「アラトリステ」ですか!スクリーンで観るディエゴ・アラトリステを堪能してきてくださいねー。
お友達にはスペイン史を前もって講義なさってください(笑)。
横浜ではプレミア・スクリーンで一日一回になってしまったのですね・・・。(T_T)
コチラのTOHOシネマズのプレミア・スクリーンはもっと小さくて、本当に淋しい感じがあるのですが、そちらは普通の小さめのスクリーンの席数とあまり変わらないので、かえってゆったり感がありますね。(^_^;)

きゃん様は残り僅かの今年の間に、あと何回御覧になられるのでしょうか?
素敵な年越しになりますね。

きゃん様には今年も大変お世話になり、有り難うございました。
お互いにブログを始めてから2回目の年越しとなりますね、どうぞ来年も宜しくお願いいたします。

寒さが一段と厳しくなって参りました年末ですが、御体調には充分お気をつけられ、良いお年をお迎え下さい。
m(_ _)m

  • rinzu
  • 2008/12/30 12:54 AM
きゃんさん、ホント指お大事にね。

えっと明日届くそうです。
セカンドディスクは1時間ちょいあって見応え充分ですよ〜。
メイキングも30分以上あるし流れる音楽が絶妙に使われていて効果抜群。
1本の作品として成立している感じです。
絶対日本版に収録すべきと思える完成度の高さですね。
メイキング オフもあるしご洒落れた導入のキャスト紹介やTVスポットも。
撮影中のヴィゴも合間のヴィゴも小汚いけど素敵さ×100万倍(爆)。
観てるとスペインが自国の総力を結集して製作したのが伝わって来ます。
きっと、きゃんさん大満足すると思います。
EPのメイキングとは大違いすっ(笑)。

ねっ、FLIXはお買い得でしたよね。
明日友人誘って「アラトリス」観て来ま〜す。ワクワク♪。
  • さくら
  • 2008/12/29 11:40 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

recent comment

categories

Twitter

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM