イースタン・プロミス、日本版DVD発売!

    2008.11.15 Saturday| 23:58 |
いつも通り発売日をきっちり守るamazonさん(別にフライングしてくれたってちーとも構わないんだけど)、「イースタン・プロミス」日本版DVDが発売日の11/14(金)に到着いたしましたよ!
うわーい、うわーい!拍手祭りじゃ、祭りじゃ!拍手
金曜日の夜、我が家はもちろんEP祭り。ここ最近は米国版をテレビ画面付きのポータブルDVDプレイヤーで観るばかりだったので、ひさびさに大きな画面でニコライに会えて、満足至極の管理人です。
まあ、そりゃあスクリーンで観るに越したことはないけれども、自宅でDVD鑑賞ならではの醍醐味っていうのもありますからねえ。
ほら、好きなシーンを繰り返して観たり、気になる個所を確認して観たり、ニコライのカッコ良いポーズで止めてぼーっと眺めたり、ニコライの今のセリフもう一度聞きたい!とばかりにちょこっと戻ってみたり…って、要するに、好き放題ニコライを観たいだけじゃないか!というセルフ突っ込みは置いておいて。
先ずは取り急ぎ、ジャケットその他のパッケージデザインのご報告を。

日本版DVDは初回限定でアウターケース付きだったのですが、そのケースの画像がこちら。down



画像はちょっとセピアがかった色に写ってしまっておりますが、実際にはもっとはっきりしたモノトーンで、文字が銀色。四辺がマットな特殊印刷になっていて額縁のようなデザインです。
スタイリッシュでクールでカッコええ…。ポッ
裏側はこちら。down



慌てて撮影したのでこれも画像がイマイチですが、実物はちゃんと(?)黒です。
何故にアンナのバイク?と一瞬思ったのですが、このバイクがニコライとアンナが口を利く、と云うかニコライがアンナに話しかけるきっかけになり、二人の仲を取り持ったとも云えるからなのかな?
実際にはこのアウターケースの上に帯が掛かっています。帯のデザインと内容は、DVDジャケット本体とほぼ同じ。



DVDのジャケット、日本版とアメリカ版を並べてみました。
左が日本版、右がアメリカ版ですが、好みもあるのだろうけれども日本版のほうがシックで洗練されているように思います。
アメリカ版はちょっと詰め込み過ぎてごちゃごちゃしてる。その分、眼で入ってくる情報量が多いという考え方もあるけど。



裏側です。上の画像同様、左が日本版で右がアメリカ版。
こちらは一目瞭然、日本版のほうが掲載画像のセレクトが断然良い。アメリカ版のほうはなんとなく適当に写真を選んだ風に思えるけど(そんなことは無いんだろうけど)、日本版のほうが物語の中でより重要で、しかも絵的に優れている画像を選んでいますね。

DVDの内容その他については、またあす以降、こちらの記事で取り上げる予定。
D販売会社の宣伝文にある、「日本語吹替においてもその言語のニュアンスを最大限に尊重」という辺りを中心に、言及してみたいと思っています。




コメント
>rinzuさん

「プレイデッド」を早速探しましたところ、amazonのマケプレで20円と云うのを発見!…って、20円って。駄菓子じゃないんだから。
と云いつつも早速注文しちゃいました。送料と併せて400円とお得なお買い物でした。
400円なら出演時間が短くてもいいかなと。

切り抜き記事のご紹介、ありがとうございます!(さすが、rinzuさん)

93年当時、ヴィゴに対する評価はこんな感じだったか〜と感慨深いものがありますねえ。
迫真の信憑性と云うのは今に通じると思いますが、出演作品の選択という意味では、「ルビーカイロ」も「ヤクザvsマフィア」も、背に腹は代えられなかったんじゃないかなあ…なんて思わないことも無いことは無い。
ヤクマフは萌えどころだらけで個人的には非常に好きな作品ですが、世間的にはB級って云われちゃうんだろうなあとか、「ルビー」も作品的にはゴニョゴニョだよなあとか。
現在のヴィゴが、自身が真に出演したい作品だけを選ぶことが出来るようになったのが、本当に良かったなと思う次第。
きゃん様ぁ〜。
私も3年ほど前に「プレイデッド」のVHSをヤフオクで入手して観ましたわ!
期待した程の出演時間はなかったので、ちょっと残念だった思い出が・・・・。
何の雑誌だったかメモが残っていないのですが、1993年にちょこっと載ったヴィゴさんの「プレイデッド」に関する切り抜き記事には、こんな風に書いてあります・・。(以下全文原文のまま・・)
↓  ↓  ↓
「プレイデッド」で神出鬼没の冷血な麻薬王を演じたモーテンセン。そのアブナイ狂気の演技は凄みを増し、ハマリ役ともいえる迫真の信憑性で、益々異色俳優の名を欲しいままにしそうだ。出演作品の選択肢もまたユニークな彼だが、「ルビー・カイロ」を経て、「ヤクザvsマフィア」では石橋凌と共演というふうに、あえて役者としての本道から外れようとするかのような、変幻自在の掴みどころのなさが、彼の最大の強みなのかもしれない。
【Profile】ニューヨーク生まれ。主に舞台でキャリアを築き、90年の「柔らかい殻」で性格俳優としての存在をアピール。その後ショーン・ペン監督作「インディアン・ランナー(91)でのヴェトナム帰還兵役で脚光を浴びた。
  • rinzu
  • 2008/11/21 3:46 PM
>rinzuさん

昨年来のヴィゴ愛に加え、EP熱を発症しちゃいましたからねえ…重篤患者です。はい。
日本版DVDは取り合えず、吹き替えで観てみました。本来の役者の声で観たいのはヤマヤマだったんですが、上の記事でも書いた、言語のニュアンスを最大に尊重っていうのが気になったもので。
感想は、これから書きます(笑)。
「慰めの報酬」はですね、某所でネタバレを読ませていただき、只今萌え萌え状態です。EP熱が冷めないうちに間もなくアラトリステ、そして年明けのナグホと、頭の中が容量オーバーになること間違い無しです。どうしましょ。




>雪娘さん

はじめまして!コメントありがとうございます!
「ゴッド・アーミー」からのファンでいらっしゃるとか、ヴィゴファンの大先輩ですね。
私はファン歴がごくごく浅いので(何せ、ファンになったのが昨年です)、雪娘さんのように長年のファンの方から、ブログ記事の内容が薄っぺらくお感じになるかもです。
ヴィゴファンになって以降、集中的に過去作は観たのですが、「プレイデッド」は未見でした。
雪娘さんのコメントを読ませていただいて早速検索してみたら、DVDは日本では未発売なんですね。VHSが入手可能なようなので、早速手配してみました。到着が楽しみです。

私はファンになったきっかけが「ロード〜」なので、やっぱりアラゴルンは特別ですねえ。それとEPのニコライ、この二人がヴィゴの演じた役柄の中のトップ2です。
「ゴッド・アーミー」のルシファーももちろん好きですし、「ダイヤルM」や「オーバー・ザ・ムーン」も作品のあれこれはどうあれ、ヴィゴが素敵だから好きv

雪娘さんも書いてらっしゃいましたが年齢不詳だし演じる役柄で全然変わってしまうカメレオン俳優だしで、本当に不思議な人ですよね、ヴィゴって。
最近にしても、オスカーの頃の短髪&髭のヴィゴとこの所世界中を駆け回ってる髭無しサラサラ長めヘアのヴィゴとでは、時間が逆転してるようにすら見えます。

情熱だけで突っ走っているような拙い記事内容のブログですが、またちょくちょく遊びにきてやってください。
今後ともよろしくです。
初めまして"きゃん"様、tokyo在住の雪娘と申します。
私も先日"EASTERN PROMISES"を購入しまして、先に特典から入っちゃう変な奴であります・・・ですから未だ、いえ今晩チャレンジするつもりです。
ネット上で映画に関する情報を読む内に、きゃん様に出会う事が出来ました。正直凄く嬉しいです!こんなにviggoのファンがいるなんて・・・しかも今迄の作品も観ているので更に嬉しいです。
私は『トーマス〜』で始まるゴッド・アーミーを九段会館の試写会で観て以来もう大ファンなんです。この作品のせいで天使に関する本を購入したり、果ては聖クリストファ〜を身に付けるに至っています(??)。もう一本お気に入りなのがプレイ・デッドです。これはビヨークの曲も良かったし、内容も最高!でした。後は韋駄天、ロードシリーズでしょうか。髪を下ろしたり上げたりするだけで、こんなに雰囲気が変わるいえ年齢不詳になる俳優もいないと思うんです。
脱ぐと華奢じゃないのに、着ると華奢なんて変ですよね。

今回の作品でロシアン・マフィアが描かれていますが、wowowで放送されたクリミナル・マインド2にも同じようなエピソードが出てきます。もっとtatooについては詳しく描かれてます。映画の世界でしか知りませんが、イタリアン・マフィアが銃なら、ロシアン・マフィアはナイフ、刃物ってのが実に怖いです。

長文になりましたがよろしければちょくちょくお邪魔させてください。viggo祭りも楽しみです。
viggoよりも古くに好きな俳優は、ガブリエル・バーン氏です。これからもヨロシクです。
  • 雪娘
  • 2008/11/17 10:27 PM
きゃん様〜〜。
行間に溢れるヴィゴ様への愛!!!(^_^)/
日本語版を御覧になって、さらに深い洞察でのご感想が楽しみです!!
化粧カバーがとっても素敵ですね。
こういう趣味の良いパッケージを見ると嬉しくなってしまいます。
「慰めの報酬」公開までヴィゴ様祭りは続きそうですね。
いいなぁ・・・・。
  • rinzu
  • 2008/11/16 3:37 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

recent comment

categories

Twitter

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM