いよいよ明日は…。

    2008.11.13 Thursday| 23:43 |
このところ脳内モードが切り替わっちゃってて、映画感想がちっとも書けません。
暫くは日常雑記的な記事が増えるかもですが、復活まで少々お待ちいただければ、幸い。

ところで、聞いてちょうだいよ、奥さん!(誰?)
明日は「イースタン・プロミス」日本版DVDの発売日なんですよ!
…また始まったと云うなかれ。今年の一月に米国版DVDを観てから私に憑り付いたこの熱病の重篤さは、お医者様でも草津の湯でも〜♪のレベル。
日本公開がようやく決定し、五月の試写会を経て六月の公開と、その度ごとに大騒ぎをしていた訳ですが、やっとやっと日本語版DVDが出るんですもの。
またもや一騒ぎしたくなったって、そりゃあもうしょうがないと云うものです。

日本語版DVDが出ることで嬉しい理由:

その1.日本語字幕付きでいつ何時でもEPを観られる。
理由にもならないような理由ですが。英語字幕で観るのは、これだけ繰り返して観てはいてもやっぱりストレスなんだよお、私には。

その2.米国版DVDでは何が何やらだった、特典映像に字幕が付く。多分。
映画本編の字幕はストーリーの流れで解釈しやすいけど、特典映像のほうは手も足も出なかったん…(泣)。

その3.日本語版DVDが出ることで、映画館で観てない(観られなかった)方々が観られるようになる。
これは結構重要。EP仲間(=熱病感染者)が増えるチャンスだ!皆さーん、レンタルでも良いから、EPを観てくださーい。

その4.日本語吹き替えがある。
吹き替えで観るって基本的にはしないのですが。ましてや、ヴィゴの声じゃない声でニコライを観たい訳なんか全然無いんですが。
でもでも、確実に字幕よりも情報量が多いじゃないか!せめて一回は吹き替えで観ることで、何か目新しい新事実を発見できるかも。

amazonからは出荷済みの連絡が来ております。
明日の今頃は、ニコ〜ニコ〜(笑っている訳では無い)とぶつぶつ呟きつつ、ニへラニヘラしながらテレビ画面を見つめている私がいることでしょう。

イースタン・プロミス
イースタン・プロミス
デヴィッド・クローネンバーグ,ヴィゴ・モーテンセン,ナオミ・ワッツ,ヴァンサン・カッセル


話は変わりますが、あまり変わりませんが、今月の29日から来月5日まで、高田馬場にある早稲田松竹で「ヒストリー・オブ・バイオレンス」と「イースタン・プロミス」の二本立て上映があるとのこと。
down以下をご参照ください。

早稲田松竹上映スケジュール

うわぁ…なんて素敵。さすが早稲田松竹、今や都内には数少なくなった名画座の中でも、企画にこだわることで名を馳せているだけのことがある。
って、クロ監督&ヴィゴ主演作を二本並べただけじゃん!っていう説もありますが、なかなかありそうで無いんだよね、こういうの。
行きたいけど、忙しい時期だなあ…なんとかやりくり出来るかなあ。
「アラトリステ」の試写会が当たんなかったら、自分を慰めるという言い訳を付けて、高田馬場まで出張ろうかしらん。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

recent comment

categories

Twitter

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM