ショーン・ビーン、家庭内暴力で勾留!?

    2008.07.28 Monday| 12:49 |
一週間ぶりのブログ書き込み、しかもショーン関連の話題はひっさびさ!…なのに、こーんな記事を取り上げるのも如何なものかと思わないでも無いのですがムニョムニョ
詳細はこちらからどぞ

シネマトゥディ
「ショーン・ビーン、妻が通報!家庭内暴力の疑いで拘置所へ!」


先週、新聞報道されていたクリスチャン・ベール逮捕の一件で記事を検索してたんですよ。
そしたら、関連記事と言うことでたまたま見つけてしまった…んだけど、正直見つけなきゃ良かったかなと(だったら、ここにも書くなよ!って突っ込みは置いといて)。
記事を読んで貰えれば判るんですが、要するにちょっとした夫婦喧嘩の挙句に新妻が警察に通報し、ショーン勾留!となったらしい。うーん…。
この記事だけだと詳細が掴みにくいので英国メディアもちょっとだけ検索してみた結果、私の解釈としてはこんな顛末かと。

”徂愀嘩勃発
 ※殴る蹴るといった暴力沙汰ではなく(新妻は無傷)、押したり突いたり程度のやりとりらしい。
 
新妻、警察に通報
 
7抻,駆けつけ、ショーンは新妻と警察官に付き添われて出頭。
 
ぃ胸間ほど勾留されるも、新妻が訴えを取り下げ、釈放。
 
タ刑福◆峪笋皀轡隋璽鵑盡亀い世掘大丈夫!」と語る。
 
ζ鷽諭仲直りする。ラブイチャ写真、流出。

以上は、この辺 の記事の抜粋です。他にもあったけど、割愛。適当に流し読みしただけなので、内容が間違ってないといいんですが。
THE Sun
Mail Online

まあ、所詮はゴシップ誌の記事なんですけど、一旦は逮捕勾留となったのは間違い無いっぽい。
私は、理由はどうあれ男性が女性に対して暴力を振るうのは一切合財何が何でも許しません!という主義ですが(最近は逆もあるらしいけど)、この一件はねえ。あのその。
要するに単なる夫婦喧嘩でしょ?ショーンが殴ったり蹴ったりした訳ではまったく無さそう。
そりゃあ、勢いでぐいっと押したりはしたのかもしれないけど、そんなちょっと派手めな夫婦喧嘩程度で通報って。
って云うか、あの新妻、ちょっとやそっと押したり突いたりしたってビクともしなさそうじゃないか!!ぶー(暴言ご容赦)
むしろ、ショーンの俳優としての立場を考えたら、そのくらいのことで警察に通報するなんて、アンタ何考えてんの?と思わざるを得ない。
百歩、いや一万歩くらい譲って、その段階では暴力沙汰にはなってなくても、新妻が命の危機を感じるほどの殺気をショーンが発してたと仮定しましょう。
恐怖感に囚われた新妻が警察に助けを求めたと、無理矢理にでも仮定してみましょう。
でもね、もしそうだったとしたら、どうしてその後あっさりと「私たちラブラブ〜ラブ」になれるのさ。
新妻側の立場で良いほうに解釈したとしても、頭に血が昇って、もともと軽い頭だから勢いに乗っちゃって通報したっていうのがせいぜい。
悪く解釈すれば、有名人であるショーンの立場を逆手に取っての嫌がらせとも勘ぐれる。もしそうだとしたら、性格も悪いけどそれ以上に頭も悪いね。
そんなん、自分がショーンの妻である以上、最終的に自分に跳ね返ってくるだけじゃないか。ショーンのキャリアに傷をつけることで、自分に少しでも得になることがあるとでも?
それとも、可哀想な悲劇の若妻を演じたかったのか?もしくはやっぱり、単なるお〇鹿さん?

呼ばれた警察も困ったことでしょう。
「主人が暴力を振るうんです!」っていうエマージェンシーコールを受けて慌てて駆けつけてみれば、そこは誰もが知ってる有名人夫婦の自宅。
ヒステリックに泣き喚く妻、うんざりしてる夫、割れた皿にひっくり返った花瓶、床には飲食物がぶちまけられ…(あくまでも管理人の想像です)。
『夫婦喧嘩は内々で収めてくださいよ』って、さぞやうんざりしたんだろうなあ。

ショーン、最近はあまり大きな仕事はしていないみたいだし、「ヒッチャー」以降、日本公開されそうな映画の情報も全く無いし。
巷の噂では、新妻との交際が始まって以来ずっとそんな調子だって聞くし。
わたくし、別に新妻に嫉妬はしておりませんよ?結婚のニュースが流れた折には本心から「今度こそ上手くやれよー」「幸せになってねー」と思っていたのですが。
世界的に活躍する有名俳優と、年若い無名の女優。玉の輿やシンデレラ物語を囁かれてしまう二人の関係性から、どうしたって、彼女が悪く言われがちなのも判るのです。
彼女を選び、こんな騒動になっても受け入れ続けているのはショーンな訳だし、ショーンにだってもちろん責任はある。
でもね。
昔の人は言いました。朱に交われば赤くなる
ショーン…、お嬢さんたちが可哀想だよ。

コメント
>まさきさん

ちょっと調べたんですけど、英国の警察は通報があると取り敢えず逮捕してから事情聴取っていう流れになるとか。
日本だと事情聴取が先だろうから(特にこういう場合は)、逮捕だの勾留だのって言っても、日本の感覚とは多少違うのかも。
家庭内の問題に対しての警察の介入、確かに日本と欧米ではかなり違いますよね。
日本は本格的な事件になってからでないと介入しなくて逆に大問題になったり、逆に欧米だと日本人的感覚からすれば「そんなことで?」っていう程度のことでも警察沙汰になったり。足して二で割ったら丁度良い?(そういう問題ではありません)

DVやACの問題は根が深いし、その人がどのくらい傷ついているか、どれほどのトラウマを抱え込んでいるかは他人には本当の意味では分からないことだと思うのです。
だから、徒や疎かに断定した物言いなんてすべきでないとは思うのですが(なので、〇鹿発言は反省して削除しましたー)、どうもねえ、このビーン夫人についてはいろいろと、あのそのむにょむにょ(反省してないじゃん)。
まあ、とにもかくにも仲直りはしたようで良かった。
お嬢さんたちのためにも我々ファンの精神衛生上も、二度とこういう話題で世間を賑わせることのないよう、祈るしかない。
>あの新妻、ちょっとやそっと押したり突いたりしたってビクともしなさそうじゃないか!!

いえてるwwwwwwwwwww(人のことはいえないが)
これはベール氏の件とはちょっと分けて考えたほうがいいですよねー。しかし欧米は家庭内の問題でも即警察沙汰になりますね。このへんは状況によりけり、またご本人の精神状態や、後々訴訟になった場合の布石とか(発想がセコイですよまさきさん)…あるんでしょうけど。
普通なら実家に帰らせていただきます!とか友達の家に行くとか、そうやってまず内々に解決すべきところ、即110番(イギリスは消防と共通で999番)ってのはねえ…さみしい感じもしますが。お国柄の違いもあるんでしょうね。警察24時とか見てると、日本でも夫婦喧嘩で通報ってけっこうあるみたいですねー…まあ喧嘩しようにもまさきは対象が欠乏しておりますが!
別に彼女のことじゃないですが、過去に苦い経験や辛い出来事があった場合(つまりDV経験があった場合)愛する人の何気ない行動や、ささいないさかい程度でも一瞬怖くなるとかいうトラウマというのは持つ人は多いと思うんですよ。
ショーンは違うよー。きっと違うよー。仲良くしろやー。
今回のことに関しては雨降って地固まったようで、よかったですね!
  • まさき
  • 2008/07/28 7:18 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

recent comment

categories

Twitter

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM