「イースタン・プロミス」ついに初日!

    2008.06.17 Tuesday| 23:48 |
遂に遂に遂に、「イースタン・プロミス」が公開されました!
前もって宣言させていただいていた通り、もちろん6月14(土)の公開初日に観に行ってきましたとも!!
…土曜日に行っといてブログ記事を書くのがこんなに遅くなったのは何故かと云うと、あまりの興奮と感動の所為か、例によって例のごとく、わたくし的知恵熱=頭痛発作を発症していたからでございますたらーっ
原因の何分の一かは、同日19時から中継されていたサッカーワールド杯アジア三次予選対タイ戦(とっても発音し難いぞタイタイセン)にあるんだけど。
頭の構造がどうにも脆弱に出来ているらしく、一日にあまり何度もいろんなことで興奮すると容量オーバーでパンクしてしまうらしいのです。

ってな、個人的事情は置いておいて。

話を戻して、公開初日。
前日のブログにも記した通り、109シネマズ川崎に行ってきました。
午後1時15分からの上映回を座席予約済みだったのですが、インディ・ジョーンズの先行上映日でもあるし、ぎりぎり到着でチケット引き換えに時間が掛かったりするのもナンなので、12時前には現地入り。
ここのシネコンは初めてだったので、どんなもんかとシアター内ロビーに足を踏み入れたら…あれ?全然空いてるよ。人が居ない。たまたま上映と上映の狭間の時間帯だったのかもしれないけど、勇んで早めに行ったのでちょっと肩透かし。
それならそれで、空いているうちに例の未公開シーンパネル展をチェックしよう!とロビーをうろうろしたものの、見つからない…。

…隅っこの柱の上のほうに張ってありました。こんな位置に張ってあったら、知ってて探さないと見つからないよ!
ちなみにこんな感じ↓です。

何だよー、これが「パネル展」なのー?
うーん、109シネマズはこういうのがいつもイマイチなんだよね…。関連グッズとかもあんまり売ってなくて売店がカランってしてるし、関連書籍だの雑誌なんて売ってるのほとんど見たことない。TOHOシネマズの売店はグッズ、雑誌、書籍、ポスター、フォトカードと充実してるから、余計しょぼく見えちゃうんだよね。
まあ、愚痴は云うまい。今回、「イースタン・プロミス」を公開してくれたのは109シネマズなんだし。
気を取り直し、パネルをシミジミと眺めました。
未公開シーンパネル展のはずなんだけど、実際には映画の中のワンカットや、撮影風景の写真が目立ってました。
張ってある位置が高いし照明も暗いしで写真がめっちゃ撮り難かったんだけど、頑張って撮影したのを何点か掲載。フフラッシュは反射しちゃうので使えないし、望遠で撮ってるのでとっても見難いですが、ご参考まで。
…あ、ところでこのパネル、撮影して良かったのかなあ。どこにも撮影禁止って書いてなかったし、まあ良しとしよう。


ニコライがファミリーの正式な一員となり星のタトゥーを入れるシーン、の休憩中だと思われます。
パンツ一丁の裸身に大きなタオルを掛け、ソファに身を持たせ掛けているヴィゴ。タオルは例のサンロレンツォのかなあ。
ロビーの照明が映り込んじゃって見難いのが残念。


ニコライ、怪我して入院。受付で書類か何かを書いてる最中にアンナに突っかかられるシーン、のメイク直し中。
メイクさんが髭のオジさんなのが、ちょっと珍しい。日本だとやっぱり女性が多いよね。


これは未公開じゃないかな。見覚えが無い。アンナの叔父さん(ステパン)家を訪ねた後かもしれない。ベッドに横たわっているのが誰だか確認出来なかったのです。
6/18、109シネマズ川崎にて確認したところ、娼館のシーンでした。薄い色のコートを着たニコライと思い込んでいたんだけど、シャツだけ羽織ってネクタイを首から掛けている。事後、キリルを部屋から出ていかせ、少女に語りかけるシーンのようです。
映画の中とは方向が違うので、カメラ位置が違う別カットの画像だと思われます。


正直ちょっと物足りなかった。せめて、もう少し見易い位置に張って欲しかった。
シャンテシネなどでは、もっとちゃんとしたパネル展だったんでしょうね、きっと。うーん。やっぱり、上映中に一度は都内まで行ったほうがいいかなあ。

パネル展の撮影も完了したところで、戦の前の腹ごしらえです。
109シネマ川崎は、ラゾーナ川崎というショッピングセンター内にあるのですが、当日は天気の良い土曜日と云うことで、結構な人出。撮影しているうちに12時を回り、目ぼしい飲食店は既に混雑。とにかく待たずに入れるお店を選び適当にランチをすることに。
実際問題、胸が一杯で食欲もあまり無かったりして…。ええ、私、一度に二つのことが出来ない&考えられないタイプなんです。えっへん(←威張るな)。
そそくさと昼食を済ませシアターに戻ると丁度1時。上映15分前、入場開始の時間です!

ここ109シネマズでも、初日限定「麗し」のヴィゴ生写真プレゼントが実施されていました。
どんなかなー♪とワクワクしながら入場し、貰った写真がこれ↓

ネットでも見かけないし、後で買ったプログラムにも未掲載の写真だったのでやっぱり嬉しい。ちなみに種類はこれだけで、全部同じ物だそうです。
どこのシーンの画像だかは、後日、DVDで検証してみようかなと思っております。

客席数100ちょっとのシアターなのは前もって知ってたんですが、入場してびっくり。せっ、狭っ!
狭い分シアター内の傾斜が急なので、実際に座ると観やすくて良かったんだけど、入った瞬間はちょっと驚いた。
ところで、109シネマズではシネマカード会員になっていると、エグゼクティブシートに無料グレードアップ出来るのです。エグゼクティブシートはリクライニング付きでテーブル付き、どのシアターにも配置されているという訳では無いのですが、なぜかこの狭いシアターには二列も配置されておりました。
前もって予約した甲斐あり、中央列ど真ん中の本当に良い座席だったよ。
ちなみに入場一番乗りでした。どこまでワクドキしてるんだ、私ってば。入ってみたら誰もいなくって、まさかと思いつつもちょっと凹んだら、後からお客さんが沢山入ってきたので一安心といった顛末もあったりなんだり。
客層が大人ばかりなのは当然なのですが、特に、一人で来ている年配の男性客、一人または二人連れの女性客が多かったようです。カップルは少なかったような。確かにデートに向く映画とは言えないよね。
開始直前で7割強くらいの入りだったかな。都心から離れたショッピングセンター内にあるシネコンと云う場所柄を考えれば、まあまあの入りなんじゃないかなあ。

内容と感想については、DVD鑑賞記、試写会参加記と何度も取り上げていて繰り返しになってしまうのですが、やはり、映画館のスクリーンで観るのは格別でした。
一瞬たりとも無駄なシーンやエピソードが無いことにあらためて感嘆。100分と最近の映画としてはむしろ短い部類だと思うのですが、冗長なエピソードや過剰な説明を全て排除し研ぎ澄ました結果として、100分間の作品にまとまったのだろうと思います。
生と死、愛と憎しみ、善きものと悪しきもの、そして絶望と希望を、恐ろしいほど静かに淡々と描いた作品でした。

本編終了後、直ぐに立ち上がって帰る人が少ないように感じました。
以前にもちょっと書いたけど、私はエンドロールまで含めて作品だと思っているので絶対に最後まで観ていくのですが、シアターだと途中で帰ってしまう人って意外に多いのです。残念だな、勿体無いなと思う。
製作側もそう考えるのか、エンドロール終了後にちょっとしたおまけ(?)映像がつく作品っていうのもあるしね。先日、ブログで取り上げた「アフター・スクール」もそうだったし、私の大好きなミュージカル映画「プロデューサーズ」もそう。有名どころでは「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールドエンド」もそうだった。
「イースタン・プロミス」はおまけ映像があった訳ではありませんが、最後まで座り続けていた人がとても多かった。
途中で立ち上がる人が皆無だったとは言わないけれど、それでも2/3以上の観客が最後まで、それこそ、シアター内に完全に灯りがついて清掃係が入ってくるまで座っている人もいました(それはわ・た・してれちゃう)。
観客が皆、映画の余韻に浸って立ち上がれないでいる、そんな風に感じました。いや、絶対そうだ!そうに違いない!

頭が完全に冬のロンドンに飛んでいってしまい、夢遊病者のようにフラフラとしながらシアターを出ました。
回らない頭で、そうだプログラムを買わなきゃ!と売店に行ったら…前言撤回、ヴィゴグッズが売ってましたよ!
ヴィゴが主演したスペイン映画「アラトリステ」(日本未公開)の原作本とヴィゴの写真集などが並んでおりました。TOHOシネマズの売店に比べてしょぼい、とか言ってスマンかった。
プログラムは600円。レビューやキャスト紹介、監督のインタビューなどなかなか充実した内容です。専門家によるロシアン・マフィアやタトゥーについての解説もあり、非常に勉強になりました。
紙質も掲載写真のセレクトもセンス良し、B5サイズなのも持ち帰りやすくてとっても良し。
映画のプログラムって、買ってはみたもののチラ見して二度と読み返さないなんてことが多いのですが、このプログラムに関しては「買い!」でした。

さあ、次はいつ観に行こうかな…。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

recent comment

categories

Twitter

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM