4度目のショーン

    2008.02.22 Friday| 23:58 |
英国俳優ショーン・ビーンが、4度目の結婚をいたしました。
現地時間19日のことなので既にご存知の方も多いだろうし、取り上げるタイミングを逃しちゃった気がしないでも無いのですが、ウチのブログの四本柱の一本(と勝手に決め付けてる)の慶事を全く取り上げないのもちょっと何かなと思いまして、遅ればせながらの記事でございます。

仕事のほうでバタバタしていたこともありネット探訪を怠りがちだったもので、某方から教えていただくまで全然知らなかった私。
慌てて見にいった英国メディアのサイトでいきなり飛び込んできたのが、ショーンとお相手との思いっきりなキスシーン。おおっと…(のけぞり)。
いやあ、「本当」に結婚しちゃったんですねえ。
先月だったか、挙式が延期になったとか云うタブロイド紙発のニュースを耳にした際は、イマイチ半信半疑だったんだけど。
今度こそ間違い無いらしい。「らしい」じゃないよ、どう見たって映画のワンシーンではない。

以下は、日本の映画情報サイトの記事。キス写真じゃないので、ご安心くださいな。↓

「ショーン・ビーンが19歳年下の女性と4度目の挙式」(Cinema cafe net)

うーんと、なんと言うか非常に微妙な気分。

前にもちょっと触れたかもですが、私は基本的には俳優の私生活(含む女性関係)はあんまり気にしないほうなんですね。
映画の中で何かの役を演じている彼らを観てファンになったのであって、個人としてのダニエルだったりマッツだったりヴィゴだったりショーンだったりのアレヤコレヤを気にしても仕方ない、と思うようにしているのです。
私生活が全く気にならないとはもちろん言わないけど、「私の○○が女と付き合ってるー!キイーッ!悔しい!!」という風には考えない。
世間で有名なお馬鹿女(パ○ス・○○トンとかね)と自分の好きな俳優が付き合ったりしたらがっかりするとは思うけど、相手がどうっていうよりも、そんな女を選ぶなよ…っていうがっかり感のほうが圧倒的だったりする。

俳優や有名人を対象にした擬似恋愛的空想っていうのは確かに楽しいし、私だって、誰かのファンになったからにはそういう感情が全く無いなんて空々しいことは申しません。
ただ、そういうことは個人が心に秘めてこっそり楽しむ感情であって、それを表に出して騒ぐのはあんまり…っていうのが私のスタンス。
格好付けたがりなので、自分の美意識としてそういう反応は肯んじ得ないというのもあるし、彼らの私生活が充実することでより素晴しい仕事をしてくれるならそれに越したことはないと思うのです。
これはもちろん、私のごく個人的な私見ですので、これが正しい!とか、こう考えるべき!とか他の方に押し付けるような気は毛頭ありませんよー。誤解の無きよう、くれぐれもお願いしますね。

そんなこんななので、ダニエルとサツキ嬢の件も全く気にならない。
彼女のクレバーさ(イメージだけどね。本当のところ彼女がどういう人物なのか知らないし)は非常に好ましいし、むしろサツキ嬢には、頑張ってダニエルを支えて欲しいなって思ってる。
でもねえ、ショーンの場合はねえ。4回目だしねえ。大丈夫…か?って考えちゃうんだよね。
今度こそ生涯添い遂げて幸せになって欲しいなあと、つくづく思うのです。
えーと、ほら、四度目の正直っていう言葉が確かあったよね!(←無い)
あ、違う、違うよ!三度あることは四度あるだよ!(殴)(←いろいろ間違い過ぎです)

まあ、冗談はさて置き。
結婚して諸々が落ち着いて良い映画に出て良い演技をしてくれて、日本でショーンの映画が沢山公開されるようになればいいなあって心から願います。
ダニエル出演作の公開は暫らくはヤキモキしないで済みそうだし、ヴィゴ出演作は遅れ遅れでも日本公開がありそうな雰囲気。マッツは…デンマーク映画の公開はなかなか難しいけど、昨年は「アフターウェディング」公開とかDVD発売とかあったし、期待は持てる。
でも、ショーンの出演作が公開されるような気配が…ちっとも無いんだもん。
それがねえ、とっても残念で。ショーン出演作でまだ観られてないのがかなりあるので、ボチボチDVDを観て楽しもうとは思っているのだけれども、でも今のショーンが見れる映画も観たいよね。


三人のお嬢さんたちが微妙な表情をしているように見えるのは、気のせいかしら?
なんと言っても一番心穏やかで無いのは、やっぱりお嬢さんたちだろうしねえ。いくら慣れてるとはいえ、例えお嬢さんたちと新妻ジョージナさんとの関係が上手くいっているとしても、諸手を上げて賛成!っていう風にはならないのが普通の感情だろうし。

でもね、これを見て!


満面の、まさにお日様笑顔のショーン。嬉しそうなお相手。
まあ、これを見れば、外野(=ファン)がガタガタ云う筋合いじゃないのは丸判りだし、ショーンが幸せならばもちろんそれで良し!な訳です。
うん、その笑顔が見れるんならいいや。末永くお幸せに!!祝

コメント
>まさきさん

マジでっか?! >間違いメール
ホント、今時、低学年向けの少女漫画でも見かけないようなベタなネタだねえ。
とにかく、良妻賢妻であってくれと祈るばかり。ショーンがいい映画のメインキャラで良い演技をしてるのを観たいんだよお!
でも確か、以前に流血沙汰の喧嘩騒ぎ起こしてるんだよね、この二人…。嗚呼。
【ショーンさんの間違いメール事件】
なんかの仕事でエージェントに業務メールを入れようとしたショーンさんが、間違ってジョージナさんにメール。なぜか間違いメールが「よろめきの貴公子、俳優ショーン・ビーン様」からと気がついたジョージナさんは、気の利いた小粋な返事を打ったと思われ。メル友→恋に発展する「りぼん」でも最近めったにない純愛ストーリーは双方の結婚で大団円(ただしかたっぽ四度目)

事件の真偽はともかく(笑)

個人的には夫の仕事にあまりクチ出さない嫁なら良いんですけどね…(いやショーンさんの場合、もうちょっとクチ出したほうが良いのか!?)
  • まさき
  • 2008/02/25 6:51 AM
>rinzuさん

ありがとうございます〜って、私が云う言葉じゃないー(笑)。

それにしてもショーンって、ある意味、勇気ある人だなと思うのですよ。普通の人なら、3回も失敗した挙句に再びチャレンジしようとは、あんまり思わないよねえ?
お嬢さんたちのためにも、無論、本人と新妻のためにも、今度こそ結婚生活をまっとうして穏やかな家庭を築いて欲しいものだと、心から願っている次第。



>まさきさん

えっ?そういう馴れ初めなの?  >間違いメールがキッカケで愛が芽生えた…
なんか、少女漫画みたいな話なんだねえ。そっか、そうなんだ。
わたくし、ショーンに交際している女性がいることはファンになった時点で情報として仕入れたんだけど、敢えてあれこれ知りたいとも思わなかったので、詳細は全然知らないままだったのです。
何せ、彼女の顔すら、今回の報道とネット画像で初めてしったくらいなのさ。
ショーン、4月で49歳だもんね。本当に今度こそ、四度目の正直で(茶化し無しで)幸せになって欲しいと思いまする。

画像掲載しなかったけど、キス画像のショーンが可愛いかった。キスしてるんじゃなくて、どちらかと言うとキスされてるの。
ああ、これが例の間違いメールがキッカケで愛が芽生えたとか言う…。

そもそもショーンさんが携帯でメールを打てるって事が新鮮な驚きでしたが(酷)

何年後かに韓流で映画化されそうな話ですけれども…。

ショーンにはすでに娘さんとのひとつの「家庭」があり、彼女との結婚は本当に当人同士の幸せを掴むための選択であったのだろうと思います。歳も歳ですし。だからこそ、今回はぜひしあわせになってもらいたいものですね。ショーンさんの背広の肩あたりがセクシー…。
  • まさき
  • 2008/02/24 9:07 PM
おめでとうございます。あ、きゃん様に申し上げる言葉ではないですね。(^_^;)
4度目でも何でも、幸せそうなお姿は良いものです。
今度こそ末永く・・・お幸せに・・・。

娘さんのモリーさんがずいぶん綺麗になっているので驚きです。
ローナさんはちょっと微妙な表情ですね。疲れちゃったのかしら??
子供の成長は早いし、お年頃の女の子はどんどん綺麗になって行きますねーーー。

・・それから「4本柱」という表現に、妙に納得しました!!(^_^)/

  • rinzu
  • 2008/02/23 12:01 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

recent comment

categories

Twitter

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM