「オーシャン・オブ・ファイヤー」雑感〜汚れるほどに色っぽい

    2009.07.17 Friday| 01:01 |
今夜、つい先ほどまで、NHK-BSにてヴィゴ主演作「オーシャン・オブ・ファイヤー」を放送しておりました。
えっ、私? もちろん観たともさ。もちろんDVDは持っているんだけど、それでもテレビ放映があるとついつい、と云うか、いそいそと観てしまうのは不思議な心理だよねえ。
先日放送された「キング・アーサー」も、もちろん観てたりする。こちらももちろん、DVDは手元にあり。
「キング・アーサー」放送の際は、光彩陸離のrinzuさん(いつもお世話様です!)もやはりご覧になったと記事に書かれていて、やっぱり皆そうなんだね、ファン心理って何とも愛おしくて切ないよね(自分で云うな)。などなど、感じ入ったような次第。

オーシャン・オブ・ファイヤー [DVD]
オーシャン・オブ・ファイヤー [DVD]

「オーシャン・オブ・ファイヤー」の感想は以前に記事にしているので、本日は、雑感諸々を書き留めておきます。

雑感その1.ヒダルゴが可愛い件。
いや、もちろん、ヴィゴも可愛いんですが(異論は受け付けません!)、ヒダルゴはやっぱり可愛い。
絶対、人間の言葉が判っているに違いない!と思わせる絶妙な表情が何とも云えない。撮影後にヴィゴが別れ難くて、買い取っちゃったという気持ちも判るってなもんです。
それでもってついつい、ヒダルゴにアテレコを付けてしまうお馬鹿なわたくし。

例:
「いい加減にしろよ! フランクってば。ほら、戻るよ!」←ウェスタンショーのシーン。
「えー、ナンパだめなのお?」←血が混じったら困るので、交配はさせないと脅されるシーン。
「ったく、フランクって、押しの強い女に弱いんだよな」←フランクがレディ・アンにお茶に誘われるシーン。
「やだ。まだ走る」←ジャジーラ探索から戻り、フランクが弱気になっているシーン。
「オレ、走る気満々だもんね! 早くしろよ、相棒!」←最終スタートのシーン。

…すみません、阿呆で。
観てない方には訳が判らないかと思いますが、こんな感じにお馬さんが喋って…は、いないけど、演技しておりますので、是非是非一度ご覧あれ。


雑感その2.それでもってやはりヴィゴが可愛い。
ウェスタンショーで身過ぎ世過ぎを立てている呑んだくれフランクの、ダメダメ感溢れた風情が何とも色っぽい。…ってだけじゃ、物足りないなあ。触れなば落ちん? じゃ、あまりにもナニかしら。微妙にニュアンスが違う?
以前の記事でも書いたけど、危うく去勢されそうになって必死で抵抗するシーンとか、砂漠で干からびかけてフラフラしてるシーンとか、落とし穴に落とされて呆然としているシーンとか、どうにもこうにもエロ可愛い のは何としたことか!
アラゴルン役で世界中に知らしめた「ヴィゴは汚れるほどに色っぽい」が、ここでも証明されちゃった、と云うことだな、うん。


雑感その3.面白いし興味深いし感動するし良い映画じゃないか!
あらためてつくづくそう思ったよ。と云うのも、以前に、この映画は興行的には当たらなかったって聞いたものだから。
前に書いた記事でも触れたけど、物語は単なるヒーロー物に終わらないだけの深みがある。映像も良い。ヴィゴとヒダルゴはもちろん素晴らしい×10倍だし、その他の出演俳優も役柄のイメージにぴったりだし。
全編にヴィゴが出ずっぱりなのでヴィゴファンに取って美味し過ぎるという欲目は差し引いても、十二分に良作だと思うんだけど。まあ、良作=ヒット作でないのは、珍しくも何ともないことではありますが。
ハリウッド映画としてはストーリーも映像もより派手で、フランクはもっと単純明快なヒーローで、美しいヒロインとの恋物語や濃厚なラブシーンがあって、といった何かと判りやすい仕上がりにしたほうがウケるってことなんかしらねえ。
…でも、そんなんだったら、ヴィゴが演じるという意味合いが薄れちゃいそうだし、そもそも、ヴィゴが出演を断りそうだな。うん。


雑感その4.NHK-BSの編成担当はもしかしてヴィゴのファン?
映画自体の感想じゃ、ないんだけど。どうしてそんな風に思ったかと云うと、明日7/17は「アラトリステ」のDVD発売日なんだよね。その前日に「オーシャン・オブ・ファイヤー」が放送って、なんてグッドタイミング!
これだけではただの偶然ってなもんだけど、先日「アパルーサの決闘」DVDが発売された直後のこと。NHK-BSで、西部劇特集を放送していたのですよ。西部劇自体にはほとんど興味が無かった私なのに、アパルーサを観た直後なだけに興味を惹かれ、ついつい「続・夕陽のガンマン」とか観ちゃった。
うーん、ヴィゴのファンって云うよりも、ヴィゴにコアなファンが付いているってことを知ってる人ってことかなあ。それにしてもタイミングが良過ぎるのは、やっぱりヴィゴに興味があるからじゃないかしらと勝手に決め付けてみたりして。てへ★


なんだか、取りとめも無い記事になってしまいましたが、今夜はこの辺で。
以前に書いた「オーシャン・オブ・ファイヤー」の感想にご興味のある方は、こちらからどうぞ。↓

大自然と馬と人間と「オーシャン・オブ・ファイヤー」

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

recent comment

categories

Twitter

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM